SuicaとPasmoが販売中止はなぜ?いつまでなのかや代替品についても紹介!

最近、駅の張り紙で見かける「Suica・Pasmoが発売を一時中止」を見て、このままカードが販売中止になってしまうのではないかと不安に感じてしまったことはありませんか?

実は今、SNSでもSuica・Pasmoの今後について不安に感じてしまっている人が多くいます。

そこで、Suica・Pasmoの今後について詳しく見ていきたいと思います!

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク



SuicaとPasmoが販売中止?

駅の張り紙でよく見かける「Suica・Pasmoの一時販売中止」という文字を見て驚いてしまったという人も多いのではないでしょうか

交通機関でSuicaとPasmoをよく使っている人にとっては衝撃を隠せないニュースで不安に感じてしまっている人も多いです。

実際に、2023年6月8日より、無記名の「Suica」及び「PASMO」カードの発売を一時中止していることが分かりました

 

スポンサーリンク



SuicaとPasmoが販売中止はなぜ?いつまで?

あまりの異例な発表で驚きを隠せないSuicaとPasmoが販売中止騒動ですが、その理由やいつまでなのか調べてみました。

実は世界的な半導体不足の影響を受けたことによって、無記名の「Suica」及び「PASMO」カードの発売を一時中止することが決定されたのです

JR東日本によると、2023年度の下期から徐々に回復を見込んでいたものの、現在も見込みが立っていない状況となっています。

しかし、2024年春ごろには販売再開できるよう引き続き最善を尽くしている段階ではあるので、完全に販売終了してしまう訳ではなさそうです。

 

スポンサーリンク



SuicaとPasmoはどこで買える?

現在、一時的に販売が停止しているSuicaとPasmoですが、新規購入をする方法はいくつかあります

青森、盛岡、秋田ではSuicaが購入をすることができたり、定期券での購入といったやり方でSuicaとPasmoを手に入れることができます。

そのほかには、カードではないものの、モバイル版を利用することによって。モバイルSuicaとモバイルPASMOともに通常通りの利用が可能になります。

 

スポンサーリンク



SuicaとPasmoの類似品や代替品はある?

基本的に新規購入をすることが難しくなっているSuicaとPasmoですが、類似品や代替品も多くあります。

地域ごとに販売されている交通系ICカードやモバイルSuicaやモバイルPasmoといったものが便利です

例えば、

  • Kitaca(キタカ)→JR北海道
  • TOICA(トイカ)→JR東海
  • manaca(マナカ)→愛知近郊
  • ICOKA(イコカ)→JR西日本
  • SUGOCA(スゴカ)→JR九州
  • はやかけん→福岡市

以上のカードは、地域ごとに販売されている交通系ICカードで、特定のマークのついた区間であれば、全国相互利用が可能となっています。

ただし、地域ごとに販売されているカードの場合でも、今後更なる半導体不足により購入ができなくなる可能性もあるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク



まとめ

今回は、SuicaとPasmoの販売中止の理由についてご紹介しました

世界的な半導体不足の影響を受けたことによって、無記名の「Suica」及び「PASMO」カードの発売を一時中止することが分かりました。

現在では、モバイル版を購入するか、地域限定の交通系ICカードを利用をすることで、SuicaとPasmoと同じように利用をすることができます。

ぜひ、チェックしてみてください!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)