劉慈欣「三体」を読んだ感想やおすすめしたい人も紹介!

今回は、劉慈欣さんの『三体』についてご紹介します。

劉慈欣さんは中国のSF作家で、『三体』は2008年に中国で出版されて大ヒット。

2015年に英訳版がヒューゴー賞を受賞、世界的に注目されました。

劉慈欣さんの作風は、人類と宇宙の関係を壮大なスケールで描いているのが特徴と言えます。

そんな劉慈欣さんの『三体』を読んだ感想やおすすめしたい人やその理由についてもご紹介したいと思います

ぜひ、最後までご覧ください。

劉 慈欣「三体」を読んだ感想について

まずは、『三体』を読んだ感想からご紹介したいと思います

海外の作品で、翻訳されたものを読んだのですが、読んで思ったことは、全体的に話が難しいと感じる場面が多かったことです。

私自身、あまりSF小説を読まなかったので、一度読んだだけでは、内容がうまく入って気付き辛い部分がいくつかありました。

しかし、読み進めていくと面白い内容でした。

特に、私が気に入った部分の話は、物語の中に登場してくるゲームの話です。

このゲームの話自体も少し難しい内容のものにはなるのですが、実際にあったら少しプレイして見たいなと思わせるような、興味深い内容になっていました。

ゲームの話があったからこそ、最後まで読み進めることができたと思います。

ゲームの話がこの物語の中で、1番面白いと感じた部分ですが、ゲーム以外の話も物語が進むにつれて難しいながらも引き込まれていくような内容になっていました。

長編シリーズなので読むのは大変かもしれませんが、1から読み進めていくと続きが気になり、早く次も読みたいと思うような作品になっていたと思います。

最初は“話題となっていた本”だったので手に取り読んでみましたが、話題になる理由がちゃんと頷けるような、内容の濃い作品だなと思いました。

劉慈欣のプロフィールや経歴について

ここでは、劉慈欣さんのプロフィールについてご紹介したいと思います

【プロフィール】

  • 名前(本名):劉慈欣(リウ・ツーシン)
  • 生年月日:1963年6月23日
  • 年齢:60歳(2024年2月現在)
  • 出身:中国 山西省陽泉
  • 身長:不明
  • 血液型:不明

【経歴や人物に関する情報やエピソードなど】

1963年に北京で生まれ、3歳の時に山西省陽泉に移り、生活をしていました。

本業は発電所でエンジニアで、発電所のコンピュター管理をしているそうです。

人気の火付になったのは、『三体』が、中国のSF雑誌に連載され、2008年に単行本として刊行されました。

刊行されると、『三体』の人気が爆発し、どんどん話題になっていきました。

その後、翻訳版も出て、中国国内だけでなく、日本を始めとし世界的にも評価された作品になりました。

2015年にSF小説の中で代表的であるヒューゴー賞を受賞され、『三体』だけでなく他の作品も人気があります。

現在、SF小説の作家さんの中で、特に注目すべき作家さんの一人になります。

劉慈欣の主な代表作品について

劉慈欣さんの主な代表作品をご紹介したいと思います。

  • 三体(『三体』三部作)
  • 黒暗森林(『三体』三部作)
  • 死神永生(『三体』三部作)
  • 流浪地球

彼の主な代表作品と言えば、やはり「三体」シリーズです。

このシリーズは、地球と異星文明との接触と戦争を描いた壮大な物語で、中国SFの傑作として世界的に評価されています。

他にも「地火」や「流浪地球」などの短編や中編もあります。

劉慈欣さんの作品は、科学的な知識と想像力に富んだ内容で、読者を驚かせることが多いのが特徴でしょうか。

劉慈欣「三体」はこんな人におすすめ!

劉慈欣さんの『三体』をおすすめしたい人をまとめてみました

SF小説が好きな方はもちろん、SF小説を読んでみたい方におすすめしたいです。

SF小説が好きな方がこの作品を読んだら絶対満足する作品だと思いますし、長編のシリーズもので内容が濃いため、最後まで面白く読めますよ。

そして、SF小説を読んでみたいと言う方にも強くおすすめします。

というのも、世界的に人気になったと言うことはSF小説を読まない人でも面白いと感じられたり、興味を持てるような内容になっているからです。

人物名も中国名なので、少しとっつきにくく感じたり、最初の方は内容が難しくて諦めたくなるかもしれませんが、読み進めて理解していくほど面白くなっていく作品ですので、ぜひSF小説が気になっている方には挑戦して欲しいなと思います。

まとめ

今回は、劉慈欣さんの『三体』を読んだ感想やおすすめしたい人や理由についてご紹介しました。

本業はエンジニアで、発電所のコンピュータ管理を担当しているというちょっと変わった経歴の持ち主ですが、執筆した『三体』三部作(『三体』『黒暗森林』『死神永生』)は、全世界で2900万部以上を売り上げたという世界的にも評価された作品です。

彼の科学の知識もさることながら、ストーリーテリングの上手さと予想外の展開にも驚かせられます。

ぜひ、この機会に読んでみてもらいたいなと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)